WIRES ALL JA CQ ROOM とは

 

■ そもそもWIRESとは
WIRES(ワイヤーズ)とは、アマチュア無線とインターネットを使った通信網で、家・クルマ・街中から、日本/世界各地の人たちと交信できるネットワーク・システムです。各地で運用されているノードと呼ばれるアクセスポイントを使って交信します。アクセスポイントはご自身でも構築できます(HRI-200という「接続キット」で構築)。
無線機メーカーの八重洲無線がネットワーク・サーバー(MCUサーバー)を運用し、ハードとソフトを供給しています。サーバーの利用料や登録料などに費用はかかりません、ノードをご自身で運用するときだけWIRES-X接続キット「HRI-200」を購入する費用がかかる程度です。
FMモードでノードをアクセスするなら、どのメーカーの無線機でも使えます。
(デジタルモードにおいてはD-STARとの互換はない)
くわしくは八重洲無線のWebサイトをまずご覧くださいませ⇒こちら

■  ALL JA CQ ROOMとは
ALL JA CQ ROOMとはCQを出して交信することをテーマにしたWIRESのラウンドQSOルームのうちの一つです(特定局呼び出しも可)。
WIRES-XとWIRES-IIで運用されており、 全国をカバーする超広域レピータのような雰囲気です。アマチュア局ならどなたでもご利用いただけます。
「CQを出す」がテーマなので、知り合いにWIRESをやっている人がいなくても大丈夫!  まずは接続してみて、そして待ち受けて、CQに応答してみましょう。
お手持ちのハンディ機やモービル機から近所の「ノード」(アクセスポイント)を使ってご利用可能です。やりかたはこちら。まずは「WiRES-Xノード検索」でアクセスできそうなオープン・ノード(コメント欄に「ご自由にご利用ください」などと書いているノード)を探してアクセスしてみましょう。
もし気に入っていただけたら、ご自身でWIRES-Xノードをセットアップして積極的にオン・エアされてはいかがでしょうか? 全国各地、うまくいけば海外にもたくさんの知り合いができて、ハム・ライフが充実することでしょう。

■ WIRES-Xでは2ルーム態勢
第1回線 20510 (ALLJA-CQ-ROOM1) ・・・いつもたくさんの局が接続しています
第2回線 20509 (ALLJA-CQ-ROOM2) ・・・普段は数局の接続です
※ 第2回線は、20510停止時に代替ルームとしての利用も想定しています。

ルームに利用しているパソコンやネットワーク機器は点検とメンテナンスを欠かさず行っていますが、何らかの不具合やメンテナンスにより概ね10分、長くて1日ほど、停止することがあります。2つのルームを用意しているので上手にご利用いただければ幸いです。

■ WIRES-II でも運用継続中
#0510D (ALL JA CQ ROOM)(#0509D は運用終了)

◆ WIRES-Xの検索サイト
WiRES-Xノード検索
20510 ALLJA CQ ROOM No.1 now!
20509 ALLJA CQ ROOM No.2 now!
WiRES-Xアクティブ・ノードリスト
WiRES-Xアクティブ・ルームリスト
ALL JA CQ ROOM接続局一覧、チャット・ログ(by JL1SGT)

ALL JA CQ ROOM はWIRESノード運用経験者で構成されるボランティア・チーム “Team0510” により運営されています(2003-09-11より)。
Cpoyright (c) 2003-2017 JQ1YFU,JQ1YDA