おしらせ

注目

【重要】ノードを運用される方へのお願い

他局に迷惑をかけないために必要最低限行っていただきたい内容です。
設定案内チラシ→ http://cqwires.com/0510/WIRESX_NodeSettings_170216.pdf

・無線機のトーンスケルチ(TSQやENC/DEC)を有効に設定願います。
アクセスする側の無線機もトーンスケルチ(ENC/DEC)をONにしてトーン周波数(TONE FREQ)をノード側と合わせます。デジタルの場合はDSQL(デジタルコードスケルチ)を001~099の間の任意の数値に設定します。
・WIRESソフトに次の設定をお願いします
HRI-200設定->DTMFミュート設定->Audio muteを選択
無線機設定->SQLタイプ->TSQを選択
“ツール(T)”->”通信ポートチェック”  で全てがOKになるか確認
・EchoLinkその他のシステムとのゲートウェイ運用はご遠慮願います。
音質が悪いうえにあまりにもトラブルが多いのでEchoLinkゲートウェイなどのALL JA CQ ROOM#1への接続はご遠慮願います。

【最新情報とお知らせ】

2017/08/12:ポート開放設定不備によるアクセス制限局が増えています
WIRESノードソフトのバージョンアップなどを行った後、”ツール(T)”->”通信ポートチェック”  で全てのポートがOKになったことを確認のうえ接続をお願いします。ここがNGのまま「自動再接続」機能を使うと1分ぐらい毎に「永遠と」接続/切断を繰り返します.当該ノードおよびIN/OUTアナウンスを出す全国のノード局から無駄な電波が出続けることになるので、接続制限の対象となります。

2017/08/08:WIRES-X Ver-1.220が公開されています。
QSL画像設定に関する不具合が解決されたほか細部に渡る修正が行われました。

2017/07/16:YAESU FT-70D でのWIRES-Xアクセスについて
FT-70Dには[Xキー]がありませんが、C4FMでノード・アクセスが可能です(接続切断操作はできない)。その場合、FT-70DのデジタルグループID(番号)をアクセスしたいノードが公開しているデジタルスケルチ(DSQ)番号に合わせます。例えばDSQを 060に設定したノードにアクセスする場合、FT-70DのDP-IDをT60R00(またはT60R60)に設定します。FT-70DのDP-ID設定可能範囲の関係から、ノードのDSQは001~099の間で設定することをお勧めします。
また、DSQ番号についての設定傾向・慣習はまだないのでノード番号の下2桁に設定すると覚えやすいかもしれません。なお、ノード側でDSQを設定しないとダブルアクセスやループ現象が発生する可能性があります。他局に多大な迷惑を与えるのでDSQは必ず何らかの数値に設定しましょう。

2017/07/16:WIRES-X Ver-1.200が公開されています。
FT-70Dからのノードアクセスに対応するほか「壊れたレコード現象」や音声の途切れが改善されたという報告もあり、安定動作が期待できます。バージョン・アップをお勧めします。ダウンロードはこちら
(追記)View QSL機能でQSL画像データが登録できません(ソフトの不具合と思われます)。その他の機能への影響は現在のところありません。

2017/07/16:WIRES-II終了にともないWIRES0510ルームも終了
旧タイプのWiRES-IIのサービス終了にともない、WiRES-IIの元祖ALL JA CQ ROOMの運用も終了しました。WiRES-XのALL JA CQ ROOM #20510, #20509 のご利用をお願い致します。

2017/05/20:#20510 ALL JA CQ ROOM#1 の接続が前触れもなく解除される場合があります。これは人が操作しているものではなく、インターネット回線自体の混雑が原因と思われます。

2017/04/28:#20510 ALL JA CQ ROOM#1 インターネット回線をより高品質なものに入れ替え、パソコンを交換しました。

過去のお知らせはこちら